坂田稔カルテット

坂田稔カルテット

メンバー

坂田稔(Ds,リーダー) 
尾崎一宏(Ts) 
板垣光弘(Pf) 
柳原達夫(B)

プロフィール

【坂田稔(ドラム)】
1968年プロ・ドラマーとして活動開始。1980年に日本を代表するビッグ・バンド「宮間利之とニューハード」に入団し、以来、ニューハードのドラマーとして、また、自己のジャズ・バンドのリーダーとして活動中。海外での活動やTV出演多数。参加CDや、ドラム関連の著書が多数ある。

【尾崎一宏(サックス)】 
1971年生まれ。
幼少から音楽に親しみ、大学を卒業と同時にプロのサックス奏者として活動を始める。
コンサートホールやライブハウス、ジャズクラブだけでなく、様々なイベントスペース(ショッピングモールや東京タワー等)でも演奏を行っている。東京都公認のヘブンアーティストとしてストリー トライブも長く行う。ジャンルを問わず、ジャズ、ポップスから幅広く演奏し、多くのメジャーアーティストのツアーやレコーディングにも参加している。主な共演者はリーリトナ、神保彰、山下洋輔、前田憲男、クリスタルケイ、石田あゆみ、宮本信子、ファンキー末吉(爆風スランプ)、キンキキッズ、ジャズトロニックなど他多数。
現在までに4枚のリーダーアルバムをリリース。NHKラジオ第一の番組テーマ曲とエンディングテーマ曲の作曲も手掛ける。
演奏活動だけでなくヤマハサックス講師として後進の指導も積極的に行っている。