庄野真代

庄野真代

大阪出身。

1976年フォーク音楽祭をきっかけに、日本コロムビアからデビュー。
1978年「飛んでイスタンブール」「モンテカルロで乾杯」などが大ヒット。

ニューミュージックを代表するシンガーとして活躍。作曲、執筆、舞台演劇など多方面での活動も多い。

2016年にデビュー40周年をむかえ、ますます盛んに演奏活動やアルバムリリースを行う。
今も褪せぬ軽やかな歌声と音楽性が日本のAORとして評価がふたたび高まっている。

ホーム フード情報 ライブ情報